広島事業計画書.netのロゴ.jpg

会社設立サポート

  • ◇◆◇ 起業から事業の発展まで ◇◆◇

    今あなたが『困っていること』は何ですか?お金を払ってでも、解決したい
    困りごと。
    当社では、これまで行っておりました「個別無料相談会」を有料と致します。

    タダなら訊いてみるか・・。取り敢えず、漠然と・・。

    ではなく、

    私どもは、≪本気のあなたと≫ご一緒に成功したいのです!
    さあ!もう一歩、踏み込んで下さい!!

    ↓↓↓ こんな貴方をお待ちしています ↓↓↓

    == 個別相談会 in 福岡 ==
    2月13日(月) 10:00~14:00
    場所:福岡駅近辺(お申込みの方に個別でご連絡します)
    1社:1時間まで 
    個別相談料:5千円(税込)

    == 個別相談会 in 東京 ==
    2月24日(金) 10:00~16:00
    2月25日(土) 10:00~14:00
    場所:新橋駅近辺(お申込みの方に個別でご連絡します)
    1社:1時間 まで
    個別相談料:5千円(税込)

    ※ご予約・問合せは、0120-65-6070 (9:00~17:30)
      または、メール・メッセージで受付いたします。(24時間)
       Mail:info@e-wb.net

    ↓↓↓ こんな貴方をお待ちしています ↓↓↓

    ※※※ 起業をお考えの方 ※※※

    ●「事業計画書」って、ナニソレ?・・の方から、
     事業計画書を一通り仕上げたけれど、これでいい?の方まで。
    ●事業のリスクについて悩んだときは、ご相談を。
     そのFC、本部の対応は大丈夫?
    ●金融機関提出時のポイントは?
     特に、日本政策金融公庫へのご提出は慎重に。
    ●人を雇うということ・・掛かる経費は給与だけではありません。
     見えない人件費について、お話しします。経営者の先輩としても。

    ※※※ 事業の再生・発展を目指す方 ※※※

    ●借入金返済の状況はいかがでしょうか?
     債務の一部免除や弁済期の繰り延べについて、検討はされましたか?
     借入金の返済を細く長くすることで、資金が回るようになります。
    ●このままでいいのか?この事業内容。返済額を減らしても、収支が
     変わらなければ時間の問題です。
    ●事業継承についてお考えですか?誰にいつ、どのように事業をつないで
     いくのか、早めに考えることが必要です。

    ※※※ その他、コンサルタントになりたい方等 ※※※

    なお、お電話でのご相談は、従来どおり無料でお受けしております。
    『無料電話相談』0120-65-6070
                 ↑↑↑
             こちらも、ご利用ください。

  • <巨人・杉内 来季年俸5000万円なのに…税金は最大3億700万円!>

    昨年12月に報道されたこのニュースに、驚かれた方々は多いと思います。
    でも、他人事じゃないんです!
    起業家の皆さま、この穴に落ちないようにお気をつけ下さい。

    == 例えば、営業でご活躍のあなたが独立するとしたら? ==

    起業を見据えて、自己資金は着実に貯めていらっしゃることでしょう。
    あなたの姿勢に応援してくださる方も現れて、当社も【事業計画書】の
    無料テンプレートを提供します。融資も下りて、事業資金は準備OK。

    さて、新事業は順風満帆!
    しかし、ここに『脱サラの落とし穴』が・・・。

    ※生活の基盤は大丈夫ですか?

    働いていれば給料を貰えるサラリーマンと違って、請求書を出して
    初めて報酬がいただけるシステム。成功報酬の契約なら、さらに
    収入は先延ばしとなります。

    起業には事業資金だけでなく、生活費の資金も準備が必要なのです。
    食費・家賃(住宅ローン)・光熱費・電話代・医療費・教育費・交際費など。
    ここまでは、誰でも考えられていますよね。ただ・・

    ※どんどん届く請求書?

    離職してから届いて驚くのが、請求書ともいうべき納付書の山です。

    1.住民税
    ・住民税は、前年の収入に対するもの。冒頭の野球選手の話題が、ここに
     繋がるわけです。
    ・毎月の給与から月割りで引き落とされていた税金ですが、退職後は
     一年を4期に分けての納付書が届きます。これが意外に大きな負担となるのです。

    2.年金
    ・これまでも国民年金だった方は、問題がありませんね。
    ・サラリーマン時代に厚生年金だった方は、要注意!
     特に奥様が扶養に入られていた方、国民年金に扶養の概念はありません。
     第3号から第1号となり、二人分の納付が必要となります。もちろん、
     会社負担分も無くなります。

    3.健康保険
    ・国民健康保険か任意継続かで、負担金額は変わってきます。
     いずれにしても、会社負担が無いのは年金と同じです。
     どちらが得かは条件によって異なりますので、次のページをご参考に。
     〔国保と任意継続を比較〕 

    これらの請求書(納付書)が届いてから慌てないよう、心とお金のご準備を!
    お金がなければ、気持ちが焦り、悪循環になります。
    そして、事業活動の差し障りとなるのです。

    一部のフランチャイズ契約には「家族の同意」事項があると聞きます。
    ある意味、これは家族の覚悟でもありますね。

    さあ、落ち着いた環境で、あなたの起業を叶えてください。
    ワークスブレインは、起業についてのご相談を承ります。
    (2015.1.6)

  • =========================
    東京で【個別無料相談会】を開催します!≪先着3名≫
     平成27年9月7日(月)午前10時~午後3時まで

    ※会場:東京相談センター(東京駅より徒歩5分)
     詳細はご来場の方に、個別にお知らせします
    =========================

    素朴な起業のご相談、事業計画書の作成について、またビジネス展開に
    ついても承ります。

    お話をされることで、見えてくるもの・形になるものがあります。
    具体的な案件をお持ちの方も、おぼろげながら・・という方も
    ぜひお越しください。

    じっくりとお話を伺うために、先着3名とさせていただきます。

    ご予約・問合せは、0120-65-6070 (8月17日より受付開始)
    または、メール・メッセージで受付いたします。(24時間)

    ご連絡お待ちしております。

  • C様には、先日東京で開催しました【個別無料相談】に
    お越しいただきました。

    これからセミナーを受講され、ビジネスコンサルタントとしての
    独立をお考えでした。セミナーの受講料は、○○万円。
    フェイスブック等を活用して、メルマガ配信のコンサルをと。

    「やめた方がいいです」
    はっきりとお伝えしました。

    当たり前のことを、お金をかけて学ぶのではなく、

    これまでのご経験を活かして、
    もう一度、ご自身を見つめなおして。

    C様がお持ちの、アパレル関係のスキルを活かしての事業を
    考えられることを提案させていただきました。

    来週、広島に来てくださるそうです。
    ここにも、ひとつの出会いがありました。今後とも、ご一緒に。

  •  

    事業計画書を作成させていただいたKさんが、いよいよ金融機関に

    事業計画書を提出され、先日金融機関が保証協会と打ち合わせをして、

    面接と会社訪問が終了したとのご連絡をいただいたのです。

     

    とりあえず、ひと安心ですね。

    私どもの事業計画書がお役に立てて、本当にうれしいです。

     

    関東地方在住のKさんとのお付き合いは、電話の無料相談から始まりました。

    我が社のホームページをご覧いただいて、起業のご相談を受けたのです。

    最初、まだ20代のお若いKさんは不安でいっぱいでした。

    起業といっても、何から始めればよいのか?

    準備を始めて自己資金をつぎ込んで、これで融資が下りなかったら・・。

     

    電話でのヒアリングを経て、私が上京の際に直接お会いもしました。

     

    真剣に起業を考えて準備を整えながらも弱気になるKさんを励ましながら

    見守っていましたが、正式に事業計画書作成の依頼をいただきました。

    会社の設立・スタッフの確保・不動産他の契約・・。ひとつひとつご一緒に

    確認しながら事業計画書を作成し、今回のご報告をいただいたのです。

     

    Kさんの成功のカギは、Kさんご本人が時間をかけて下準備をされていた

    ことと、しっかりと自己資金をお持ちだったことにあると思っています。

     

    第二の人生に一歩踏み出されたKさん。微力ながら、そのお手伝いが

    できましたことを、うれしく思います。

    次はどんな方の人生に寄り添っていけるのか?とても楽しみです。