広島事業計画書.netのロゴ.jpg

2015年7月

  • このたび広島での〔Dr.ネイル-爪革命-〕開業に向けて。
    ドクターネイル-爪革命-は、『変形した爪』『タコ』『ウオノメ』などに
    より、痛みやコンプレックスがあるけど「どうしたらいいのか、わからない」
    という主に高齢者の悩みを解消します。

    『Dr.ネイル』は以前に私、金本自身が施術を体験し、本部でお話を伺って
    注目していたビジネスプランですから、このたびの決意ご表明を受け止め、
    全力で応援させていただきます。

    『Dr.ネイルル-爪革命-』は創業者の飯田正人氏が、足爪ケアの専門家が
    いるヨーロッパでの最新技術を取り入れ、フットケア事業をスタートさせた
    ものです。
    施術にあたっては、専門知識と専門機器による高度な技術を取得するための
    研修が必要です。

    誰でもそうですが年配の方は特に、足に『変形した爪』『タコ』『ウオノメ』
    などのトラブルを抱えていると、歩くことが億劫になり外出を控えたり、
    転倒したりと、自立を妨げる原因になるのです。

    ご本人も介護者も、どうしてよいか分からない足のトラブルを解決して
    いただき、健康と笑顔を取り戻す。この事業がいよいよここ広島で始まる、
    そのお手伝いができることを、とてもうれしく思います。

    ワークスブレインは、頑張る企業家を応援しています!
    〔起業家育成プロジェクト〕http://e-wb.net/kigyouka.html

    ネイルドクターパンフレット

    ネイルドクター本部
    この2階が本部になります。

  • 『金本さん、無料相談のお客様が有料の依頼をされる瞬間って、
     何なんでしょうか?』
    いきなりの質問です。しかも、我が社の新人スタッフから。

    それは、やっぱり・・
    相談に来られた方が本気になって、お金を払ってでも【事業計画書】を
    完成させたい!と思われるからでしょう。
    こればっかりは、依頼者に聞いてみるしかない?

    でも、そればかりじゃないんですよ。
    私自身もスイッチが入る瞬間がある。相談者のお話を聞いて、こちらからも
    疑問点を確認して。
    ・・ああ、この方は成功できる!
    そう思える瞬間があるんです。
    それでも依頼されなければ、私としては仕事にはならないわけで。

    ひとつ言えるのは、
    「頼まれれば何でも引き受ける、という訳ではない」ことですね。

    事業のために融資を受けるということは、言葉を変えれば借金を背負う
    ということです。遮二無二、借金は勧めません。

    お金を借りる能力は、すなわちお金を動かす力がある、ということです。
    依頼者は私を、私の能力を推し量っているのでしょうが、私も依頼者と
    なるべき方を見ているのです。

    そうして相思相愛の仲となって、【事業計画書】の作成。万々歳!
    ・・とばかりもいかないんですよ、これが。

    出来上がった【事業計画書】は金融機関に持ち込まれ、いわば試験を受ける
    わけですが、この採点方法が完全な点数制ではないので。
    フィギィアスケートの採点のように、審判の主観も入ります。ダメな時も
    あるんです。

    ただ、一度金融機関に提出してダメだったから全部ダメ!ではなく、もう一度
    作戦を練り直して再トライして、成功された例もあるんです。
    先日、二度目のご依頼をいただいた東海地方在住の方のように。

    私に言えることは、そこまできちんとお付き合いしたい。また、長く
    お付き合いができる関係を築いて行きたい、そのことですね。

    『信頼していただける、実績と人間性を目指しています。』
    ・・・これが冒頭の質問に対する、私の答えでしょうか。

  • C様には、先日東京で開催しました【個別無料相談】に
    お越しいただきました。

    これからセミナーを受講され、ビジネスコンサルタントとしての
    独立をお考えでした。セミナーの受講料は、○○万円。
    フェイスブック等を活用して、メルマガ配信のコンサルをと。

    「やめた方がいいです」
    はっきりとお伝えしました。

    当たり前のことを、お金をかけて学ぶのではなく、

    これまでのご経験を活かして、
    もう一度、ご自身を見つめなおして。

    C様がお持ちの、アパレル関係のスキルを活かしての事業を
    考えられることを提案させていただきました。

    来週、広島に来てくださるそうです。
    ここにも、ひとつの出会いがありました。今後とも、ご一緒に。

  • 突然ですが、質問です!

    もし手元に300万円あるとあなたは、何をしますか?
    貯金?旅行?車の購入?
    それとも事業を立ち上げますか??

    今、私が300万円を手にしたら・・・ 

    やっぱり、『事業』ですねー。
    貯金だけはあり得ない(笑)

    この300万円を自己資金として、早速事業を開始します。
    ・・・でも、この300万円がなかなか出来ないんですよね。
    一生懸命働いて毎月貯金をしても、300万円はなかなか・・。

    そこで、【事業計画書】を作成し金融機関に融資を申し込むわけです。

    ところで、こんな法則をご存知ですか?

    『100万円儲けるには、100万円の資金を動かすことが必要。
     1000万円儲けるには、1000万円の資金を動かすことが必要。』

    資金と、それを動かす力量が必要だということですね。

    今この文章を見て下さっている方は、起業をお考えの方、または
    現在の事業を拡充しようという方々です。

    この資金が準備出来ると、その範囲で稼げる権利が取得出来るわけで、
    いわばスタートラインに立つこと出来るのです。

    あなたの手元の資金、これがその後大きく膨らむか、
    0円になるかどうかは、あなたのやり方次第です。

    個人事業で小さく事業を立ち上げるには、環境が整っています。
    後は、やる気とちょっとした発想。

    それから、これがもうひとつ重要な要素。
    それが、『アドバイザー』の存在です。

    全力でお手伝いします!

    ここまで私を導いて下さった方々と、これからの事業家の皆さんのために。

    ※※※ 私がなぜ「今」起業のお手伝いを考えたのか・・・ ※※※
                ご紹介しています
                   ↓↓↓
             http://e-kigyou.net/kanemoto

  • 東海地方にお住まいのB様のお話しです。
    5月に新たに【事業計画書】作成のご依頼をいただきました!

    新たに・・というのは、以前飲食店開業のために【事業計画書】を
    作成させていただいたからです。ただ、この時は銀行とは最終的な
    折り合いがつかなかったようです。
    現在は日本政策金融公庫に申し込みをされ、これからお店に訪問が
    あるそうです。もう大丈夫ですね。

    その際、提出先の日本政策金融公庫で、
    「よくできた事業計画書ですね。どなたが作られたのですか?」
    と尋ねられたそうです。 

    そんなことで私どもを信頼していただき、このほど不動産関係で
    再度の【事業計画書】作成依頼となったのです。

    今回は【事業計画書】だけでなく、取引会社と家主さんに向けての
    プレゼン資料としてビジネスモデルも作成して欲しいとのことで、
    私どもの経験を精一杯発揮できるご依頼です。

    こちらのB様は、営業力もあって人脈もお持ちです。
    それを具体的な形にして、取引会社や家主さんに提示をするのが
    私どもの役割です。

    そのために、じっくりお話を伺います。

    これからのご活躍が、とても楽しみなB様。
    そのスタートに関わることができたことを、うれしく思います。
    B様、今度は広島でお会いしましょう!

  • 7月3日(金)に東京で【個別無料相談会】を開催しました。

    会場は、今回も GoQ Sysutem の事務所をお借りしました。
    東京駅から徒歩5分くらい。室町駅・京橋駅からも同じくらいの
    便利な場所です。

    前もってご予約いただいた方々と、じっくりお話をすることができました。

    【事業計画書】の作成についてのご相談が基本ですが、起業についての
    考え方などもお話しています。中には、とても人生経験豊富な方も
    いらっしゃり、私の方が勉強させていただいています。

    今後、東京でも起業についての座談会・食事会を企画していこうと考えています。

    今回の【個別無料相談会】から、どなたが、どんな風に成功されて
    行くのか・・とても楽しみです!

    相談の合間に、浅草・銀座に行ってきました。

    人が多い・ビルが高いというだけでなく、東京の街の息吹きを
    感じることができました。

    また、来月も開催します!

    個別相談に関するお問い合わせは、お気軽にお電話ください。
    0120ー65-6070

  • 一年も前から『無料相談』で相談を承っていた方から、正式に
    【事業計画書】作成のご依頼をいただきました。
    新規起業へ向けて、新しい一歩です。

    今回は、長らく『無料相談』を行っている私にも慣れないご相談でした。
    何が慣れないって、土地の単位が、1反2反・・・。
    土地をお持ちで、50年も農業を続けられていたお父様が廃業された後、
    娘さんが引き継いでいかれるというのです。

    ただ内容は同じことをするのでありません。作物はお米を野菜に
    換えて重さの負担を減らし、また加工用の野菜を作ることで
    出来上がりの形のリスクを抑えようという。

    農作業もこれまでとは変えて一人で抱え込むのではなく、お父様と
    同じく一線をリタイアされた方たちとの、共同作業です。

    また、農作物の生産・出荷には農協の存在が欠かせません。

    そんなところも私自身はご縁の無かったことで、今回は私自身が
    いろいろと勉強させていただきました。

    農業の【事業計画書】。なんだか文字にするとピンときませんが、
    これも間違いなく新しい事業計画です。
    日本の未来の農業を、少しばかりお手伝いできた気分ですね。

    これまでの『無料相談』に加えて、更に詳しい資料をお送りいただき、
    私も始動開始です!

    分かりやすく、隙の無い【事業計画書】をしっかりと作成します。

  • キャリアアップ助成金、いくつか種類があるみたいですが

    今回は「正規雇用転換」の助成金についてお話を聞きました。

     
    この「正規雇用転換」ざっくりと内容を説明すると

    有期雇用契約(雇用する際、雇用期間を定めている従業員のかた)を

    している従業員を正社員に転換するともらえる助成金です。

     
    期間、書類の準備などの条件や作業はありますが

    とっても取り組みやすい助成金ではないかと

    思いました。

  • ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
    東京で【個別無料相談会】開催します!

    平成27年7月3日(金)
    ※会場:京橋2丁目(東京駅周辺)
    詳細は、ご来場の方に個別にお知らせします
    ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
    起業をするにあたり、何をどう考え準備をすればよいか?
    はっきりいって、「分からないことが分からない」

    そんな状況の方が多いと思います。

    相談というよりも、頭の整理をされに来て下さい。

    もちろん、電話での無料相談も受付中です。

    そこからもう一歩踏み出される貴方を、お待ちしています。

    ★☆平成27年7月3日(金)10:00~16:00☆★
    会場:京橋2丁目(東京駅周辺)
    ※詳細は、ご来場の方に個別にお知らせします
    個別相談に関するお問い合わせは、お気軽にお電話ください。

    0120ー65-6070