広島事業計画書.netのロゴ.jpg

2015年12月

  • 先週、フェイスブックでご紹介した法則について。

    =目からうろこの法則です=

    『500万円の融資を受けるということは、1千万円の利益を
     出さないといけないのです』

    なぜなのかと言いますと・・

    ≪500万円の融資・返済期間は5年という条件≫

    5年で500万円の利益を出すので、その分を先に500万円融資をして
    下さいという金融機関へのお願いですね。

    では、事業が成功して1千万円の利益を出すことが出来て!

    ・・仮に税金が50%とと想定すると、500万円の税金。
    手元には500万円残りますね。

    でも、この500万円は先に銀行で借りているので、返済しなければ
    なりません。500万円の税金と500万円の返済。

    手元資金は0円!?
    計算上は、そうなります。

    500万円借りるということは、1千万円稼がないと銀行に返済も
    出来ないのです。

    事業計画書の返済計画、大丈夫ですか?

    この法則、【必要な資金の倍は投資するのだ】ということに気づかないと
    大変なことになってしまいます。

    500万円借りて、5年で600万円の黒字でも、手元のお金は足りなくなります。
    例え赤字でも、消費税とかいろいろと間接的な経費もありますし。

    あなたの事業計画書、一度ご相談ください。

  • 中小企業の『ビジネスサポート』といえば、皆さま何を期待されますか?

     ●なんといっても、事業計画書・資金繰り
     ●WEBを活用した、見込み客獲得
     ●個人・会社の資産構築、コストダウン

    いろいろあります。でも、

      == こんなお世話もさせていただいています ==

    もう17年も前からお付き合いのある会社から、パソコンの買い替えに
    ついてご相談いただきました。

    これまで3~4年ごとのパソコンの買い替えを依頼していた業者と、
    連絡が付かなくなったそうです。こんなことは、何処に頼めば
    よいのでしょうか?

     ※※※※※※※※ ↓↓  お任せください!  ↓↓ ※※※※※※※※
    ・依頼があった翌日にすぐにパソコンを注文
    ・届いたパソコンにオフィスソフトのインストール、リカバリー
     メディアの作成
    ・現地で旧パソコンから新パソコンにデータを移動、複合機、プリンタ
     を使えるように設定
     ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

    この分野は、藤本が担当しています。
    前職がシステムエンジニアという経歴の藤本は、ワークスブレインのIT担当。
    社内はもちろんのこと、お客様の「パソコンでちょっと困った」を
    日々解決しています。

     例えば・・
    ・Excelのファーマットが作った人が辞めてしまって、上手く変更が出来ない。
      ↓↓
     フォーマットの変更
    ・メールソフトのトラブルを解決
    ・消費税率の変更に伴う計算式の変更、等など

    ※自分ではできないけれど業者に頼むまでもない、ちょっとした困りごとを
     素早く解決します!それが、ワークスブレインの『ビジネスサポート』です。