広島事業計画書.netのロゴ.jpg

2016年5月

  • 当社のホームページからダウンロードしていただける【無料テンプレート】
    ですが、ダウンロードの際に簡単なアンケートをお願いしていることを
    再三お話しています。

    最近ダウンロードしていただいた約150件を見直してみますと・・

    ◆融資ご希望金額は、どの程度をお考えですか?

    ・第一位は、500万円
    ・第二位は、1,000万円

    上記で、全体の30%を超えています。
    続いては300万で「手堅いかな?」と思いましたら、その後に続くのは
    2,000万・5,000万。億単位の方もいらっしゃいます。

    さて業種にもよりますが、皆さんこの金額の全てが本当に必要なの
    でしょうか?
    また、融資を受けることが可能とお考えなのでしょうか?

    厳しいことを申し上げますと、かなりの割合で難しいですね。

    ・借りたお金を返すには利益が必要です。500万の利益を上げて
     500万円を返済したら?
    ・月々、幾らの返済をお考えですか?

    一度立ち止まって、考えてみませんか?

    ◆事業計画書作成から融資まで「ご融資が必要なのは何時ですか?」

    ・早急に、もしくは今月中・・・・・27%
    ・1~3ヶ月以内に・・・・・・・・・43%
    ・半年以上先・・・・・・・・・・・30%

    上記と同じく、最近のダウンロード約150件の結果です。

    開業までの準備期間として、どれ位が適正か?それは、それぞれの
    条件で異なりますが、「早急に!」という方には危うさを感じます。
    中には金融機関と話は出来ていて、後は【事業計画書】を作成・提出
    するのみという場合もありますが、大抵の方はそうではありませんね。
    当社では、国金に提出前の事業計画書について事前協議を
    行うことが出来ます。検討・修正を重ねた後、正式に提出できると
    いうことです。
    当社で事業計画書を作成し、私どもがその内容を把握している場合に
    限られますが。

    【事業計画書】は一度に一気に作成するものではありません。
    専門家でも、このように検討・修正を重ねて完成させるのです。
    『自己資金』とともに、準備にはじっくり時間を掛けて下さいね。

    ◆さてさて、表題の『実績が重要』だということ

    ・大金をかけて始めた事業が、思うように進まなかったら?
    ・そもそも、初めての大きな融資には応じて貰えない。

    だから、まずは実績なのです。小さな一歩から事業を始めて、
    手堅い実績を上げて次のステップへ。胸を張って決算書を手に、
    追加融資に望んでください。
    現在のパナソニックも、電球ソケットの製造から始まったのですから。

    起業家の皆さまの検討をお祈りするとともに、できる限りの
    お手伝いをさせていただきます。